トップページ > 三和建設ブログ
日々通信

土地選びのポイント

2019.9.11土地

「はじめての土地選びで不安」
「土地選びで気をつけることってなんだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
土地選びはめったにする機会がないので、
わからないことだらけで当然です。
そこで今回は、土地選びのポイントをご紹介します。

土地選びで気をつけること 土地選びのポイント トータル予算 土地選びで不安

米トータル予算を確認する

まず予算がわからなければ、どのくらいの坪単価の土地、大きさの土地

を選んだらいいのかわかりません。また、住宅はいくらぐらいでどの程度のモノ

が建てられるのか調査しておくことも重大です。

 

*優先順位を決めておく

次に、価格や広さ、交通の便などすべての希望に合う土地を見つけるのは

なかなか難しいので、事前にここだけは譲れないという点や、優先順位を

決めておくことで、候補を絞りやすくしていきます。タイミングなど、100%

希望の土地に出会うことはほぼあり得ません。

 

*建物の種類や性能への規制

市街化区域内には用途地域が決められており、その地域ごとに建築物の

制限があります。候補の土地がどの用途地域に含まれているのかを必ず

確認しておくことで、いきなり隣に大きな音がする工場などが来ることが

無いようにすることが出来ます。

 

*家の規模や形への制約

建蔽率と容積率から、希望の大きさの家が建てられるか確認します。
その他にも、高さ制限や日影規制など様々な規制があります。
広告に記載されていないこともあるので、不動産会社に聞くとよいでしょう。

静岡三和建設 地域密着 不動産に強い 土地からの注文住宅  快乾空間新発売

□まとめ

 

今回は、土地選びのポイントをご紹介しました。
確認しなければいけないことが多く大変ですが、
大切なお住まいの土地選びを成功させるために慎重に取り組みましょう。
もし何かわからないことがありましたら、
お気軽に当社にご連絡ください。

 

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!

快乾空間新発売!

 

 

土地選びで注意したいポイントをご紹介します!

私たち三和建設は土地の紹介、自社分譲などて定評がありますが、

それでもなかなか土地選びに慎重な方は決まらないことがあります。

もっといいところが出てくるだろう。もっと安くなるだろう。

結果、すぐに売れてしまいなかなかそれ以上の土地が出て来ない

ということが結構あるのです。安いところでは、大きくて地型がよくて、資産価値が高く

なんて場所はりません。駅の近くで、音が静かで人通りが少ないところはありません。

道幅が狭いのが嫌だ広いほうがいいところは、車もたくさん通るのです。

そんな矛盾があることをまずは頭に入れて頂きポイントを確認していきましょう!

土地選びで注意 三和建設 交通の便

*交通の便は良い?

通勤や通学に便利な場所であるかどうかを確認しましょう。
最寄り駅から家までは徒歩何分なのか、最寄り駅から職場までは何分で着くのか

そんなことを一番のポイントに!!

*公共施設は充実している?

市役所や郵便局といった公共施設さておき、近くに大きな病院は何かあった時安心です。
大きな病院だけでなく、どこにどんな病院があるかも確認しておくことも必要です。

小学校や幼稚園が近いのか、自治体の支援は手厚いのかなど・・・

*商業施設は充実している?

近くにスーパーやコンビニがあると、毎日の買い物に便利です。

*規制がないかチェック

土地によっては建物の建材、色、高さなどに規制があります。
自分の理想の住宅を建てても良い土地なのかを確認しておきましょう。

*日当たりをチェック

家の方角はもちろんのこと、周りの家の高さも注意して見るようにします。
採光がどれくらい取れるのかを昼間に実際に見てみましょう。

 

土地 静岡三和建設 域密着の不動産 注文住宅が得意

 

 

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.jp/

 

なぜ、早いうちに住宅を建てた方がいいの?

住宅はなぜ早く建てるべきなのか?

・賃貸住宅には家賃が掛かり、数年すれば何百万円払っても自分のものにならない!もったいない!

・子供が大きくなって部屋が足りなくなってきた!部屋が狭くなってしまった。

違うのです!もっと大切なことがあるのです!!

年金 家賃 住宅 新築

定年退職した後のことを皆さん考えていないのです。今は働いているのでその中から家賃が払えますが、

退職後にはいかがでしょう?年金のほとんどはその家賃に消えていくのです。また、他にも、食費、光熱費、

医療費、子供や孫にもお金が掛かることも忘れてはいけません。

 

三和建設 静岡三和建設 地域密着 不動産 土地からの注文住宅

Aさん・・・早いうちに住宅を建て、働いているうちにローンを完済した。

老後は年金と退職金で食費などには一切困らず、趣味の旅行を楽しんでいる。

 

Bさん・・・住宅を建てず一生アパート暮らし。年金と退職金はほぼアパートの家賃で消え、

孫が泊まりに来る部屋も無い。

 

上記を見ても一目瞭然。1番重要なのはいかに働いているうちにローンを返すかということなのです!

お住まいのご計画はお早めに!シミュレーションなどもちろん無料で行いますのでお気軽にご相談ください。

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.jp/

多層空間🄬

今、テレビCMで三和建設静岡の多層空間🄬のCMを流しています。40周年バージョンで、ご覧いただいた方も多い

 

のではないでしょうか?弊社ではこの多層空間®を商登録しており、荷物の置き場所や収納に優れていると、

 

大好評です。また、デザイン性も好評を得ており、限られたスペースで、皆様のご要望を得ております。

 

下記のユーチューブをご覧ください。絵は、私の汚い手書きです。階段の中間に、上手に空間を設けるのです。

 

天井高も上手く作ることで、普通に取れます。企業秘密。

 

https://youtu.be/d2tKMk2poPU

(上記は三和建設静岡のCMです)

 

多層空間®  静岡三和建設 地域密着 不動産に強い 土地からの注文住宅

CMは、第一テレビです。ご興味のある方は、まずホームページを是非ご覧ください。また、三和建設静岡は地域密着の

 

会社であるため、土地の情報はぴか一です。土地からお探しのかたは、お問い合わせください。

 

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.jp/

静岡で注文住宅を検討中の方必見!土地選びのポイントとは?

2018.9.20土地

これから注文住宅を考えられている方は、色んな雑誌やショールームを見て、どのような外観が好みなのか、どんなキッチンにしたいのかなどで、悩んでいるのではないでしょうか?しかし、注文住宅について考える際に、はじめに重要なこととして、どこの土地を選ぶのかということが挙げられます。土地選びで、この静岡は地震や津波、水が出るところ、問題のある学区やスーパーなどの距離と、考えればきりがないぐらい。良いところをを探しても見つからないのが現状です。そこで今回は土地選びをする上で重要なポイントについてご紹介します。

土地選び 注文住宅 地震 津波 悩んでいる 土地選びのポイント

 

土地選びのポイント

土地選びとなると、上記のように重視すべきポイントは多くあります。しかし、すべての要素を揃えようとすると、なかなか希望に沿った土地は見つかりません。あったとしてもかなり高額の土地になってしまう場合がほとんどです。

そこで土地選びの上で最も重要なポイントが、優先順位を決めることです。土地を選ぶ要素として、今では建物を上手く建てることで、昔ほど南側道路ということにこだわらなくてもいいと思います。考えること、それはストレスです。土砂災害警戒区域など、台風が来ると怖くなりますし、地震が来ると津波怖いのは皆同じです。日常の生活の上で、駅が近い、騒音がうるさくないなど個人差がありますが、土地選びで一番重要なのはストレスなく生活が出来ることが一番です。

その中でも家庭の中で最も重要な要素は何なのかを話し合って具体的に決めることです。(台風が一番嫌なら、水が出にくいところetc・・・)

 

土地選の重要なポイント 静岡は地震や津波 静岡で注文住宅 どこの土地を選ぶ ストレス 後悔

 

ご家族の中で、どのストレスが大きいのかを順位付けしていくことで、土地選びもスムーズになり、後で後悔するといったケースも少なくなってきます。

まずは、優先順位をはっきりと決めることから始めましょう。

土地選びというのはこれからの生活をする上で非常に重要なポイントですが、慎重になりすぎて本当に良かった土地を逃してしまうこともあります。土地は一期一会。

だからこそ、まず土地選びの際には優先順位を決めてみてはいかがでしょうか?

 

静岡三和建設 地域密着 不動産に強い 土地からの家づくり 土地選び

 

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの家づくりが得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.jp/

土地の選び方

2018.5.2土地

土地選びに大切な事は、一期一会で気に入った土地は他に2つとして無い事です。だからこそ、まずは気に入った建設会社を決めておき、その会社で土地を探してもらう事です。例えば気になる土地が出て来たとして、そこからプランを色んな会社に頼みいいプランで、金額も良かったら土地を買おうというお客様。気に入っていても、数社に声を掛けていたらもう他で売れてしまった・・・こんな話が沢山あります。お客様の心理としては、「この土地で本当にいい建物が作れるだろうか?」「金額は妥当で高くないか?一社であったら儲けられてしまうのでは・・・」という気持ちになります。しかし、気に入った建設会社で、自分の予算でどのような家が建てられるのか、見学会や販売会などで営業マンと話をしていけば分かるのです。

静岡三和建設 土地 見学会 住宅ローン

見学会でこんな話をしたら、いかがでしょう?

「自分が建てたい家は今見ている建物と全く同じ家だとして、予算が3500万だとしたら、諸経費を含めて1円もオーバーしないで建てるには、土地に掛けられる予算はどの位ですか?」

そうする事で、理想の家が建てられるベストに気に入った土地選びがスムーズに進みます。しかし、土地探しをするにあたって、そこからいろんな業者を決めようとすると、住宅ローンの期限から、焦って建設業者を決めたり、決めかねている内に、他の人に買われてしまったりするのです。土地建物を別に買うなら別ですが、一緒にローンを組んだ方が経費も安く済みますので、皆さん土地契約後急いで業者探しをするのです。どのようなことから、土地、建物を計画したらよいのか?そんなご質問もよくお電話頂きますので、お気軽にご相談下さい^^

 

三和建設のホームページは下から↓

http://www.sanwagr.co.jp/

土砂災害

2018.4.16土地

最近ニュースで、土砂災害の救助活動の報道を見て、怖さを感じました。土砂災害警告地域、土砂災害特別警告地域など聞き慣れない言葉かもしれませんが、皆さんの身近にもたくさんあるのです。

その違いは、

1.警戒区域は,土砂災害が発生した場合,住民の生命または身体に危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で,警戒避難体制を特に整備すべき土地の区域です。過去の土砂災害による土砂の到達範囲などを勘案して設定されます。

2.特別警戒区域は,警戒区域のうち土砂災害が発生した場合,建築物に損壊が生じ住民の生命または身体に著しい危害が生ずるおそれがあると認められる土地の区域で,一定の開発行為の制限や居室を有する建築物の構造が規制される土地の区域です。

 

土砂災害警告地域 土砂災害特別警告地域 三和建設

 

今回の住民の皆さんも、なんとなく嫌な予感がしていたとの事でしたが、いつ逃げたらいいのかが分かりません。そこで、前兆のチェック項目

①近くの土手にひび割れなど無いか

②土が腐ったような臭いがしないか

③最近ボロボロと小石が崩れていないか?

④最近湧水が出たりしていないか?

そんなことがあったら、すぐに専門家に見てもらうようにして下さい!

三和建設のホームページは↓まで

http://www.sanwagr.co.jp/

新分譲地 葵区瀬名2丁目

今、私達三和建設では、葵区の瀬名2丁目分譲地のお問い合わせをを沢山いただいております。場所は常葉大学のすぐ近くです。

閑静な住宅街で、落ち着いた街並みとなっています。

 

物件概要

価格 12,800,000円~13,750,000円
地域 静岡市葵区瀬名2丁目(4区画)
地目 宅地
建ペイ率 60(70)% 容積率 150%
土地面積 126.38㎡(38.23坪)~128.50㎡(38.87坪) 建物面積
都市計画 市街化区域 用途地域 第一種中高層
ガス 都市ガス 排水  公共下水

 

三和建設 _瀬名2 分譲地 問い合わせ 葵区

 

西奈小・竜爪中学校区
建築条件付・売主
実測精算
高度地区:最高限2種(16m)(最高高さ16m、北側斜線制限10m+1:1.25)

 

 

 

瀬名 常葉 西奈小 竜爪中学校区 

他にも新分譲地、出て来ました。是非お問い合わせください。三和建設ホームページは↓まで

http://www.sanwagr.co.jp

静岡で家を建てる時の最近のトレンド

最近、私達静岡市清水区三和建設では、土地についてとても気を遣うお客様が増えている事に気が付きました。具体的に、どういう事かというと、海の近くは津波が怖いからダメ、山の近くは土砂災害があるからダメ、水はけが悪いエリアは今後の亜熱帯化の大雨の怖さからダメ、といった感じで安くていい土地といったらなかなか無いものです。その上、地盤がいい所、との条件まで付けるお客は一年かかってもまだまだ土地は見つかりません。

 

清水区 静岡市 三和建設 家を建てる トレンド

 

 

すべての条件は満たすことは出来なくても、金額は安い、土地は広くて、条件がいいなど進めて行かれたお客様は、金利の条件も一番いい条件で借りる事が出来て行きました。建物についても同様に、お金は無限には無いので、本などを見てこれだけはやりたい、などの優先順位を付けて行かれたお客さまは、オリジナルの自分だけの住宅に満足していていたき、遊び心満載になられていくのです。

 

津波 土砂災害 水害 金利 住宅

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

打合せも、楽しく、一生に一度のイエ作りに家族のみんなで参加するのいいでしょう。途中で決める事が多くて面倒くさくなる事もありますが、自分の住むイエです。自分でDIYする方もいるくらいです。塗り壁を自分で塗る方は一生の思い出になったと思います。私達三和建設では、お客様との夢と思いでも一緒に作る事が出来れば一番です。

 

DIY 三和建設 塗り壁  地盤

http://www.sanwagr.co.jp/

三和建設ホームページはこちらまで。

 

 

 

 

マンションが売れない時代

昨日は東京に出張でしたが、辺り一面ビル、ビル、ビル。最近週刊ダイアモンドを読んでいたら、これからの時代背景について書かれていました。都心は今までバカみたいにマンションが売れていたようですが、新築マンションは6000万以上で私達のこの静岡に比べたらとても高く、中古のマンションでもいまでは買い手が付きにくくなってきたとの事でした。その理由としてでは、「新築マンションは高くて手が出ない。オリンピックが終わったら安くなるのだろうか?」というような切実とした思いに駆られている人が多いからのようです。

 

マンションが売れない 生産緑地 2022年問題

 

また、戸建てが抱える時限爆弾が時価を暴落させるといことです。今から年5後の22年に、生産緑地の大半が一斉に農業義務の期限を迎え、自治体へ買取りの申し出が可能になるという事。つまりそうなった場合、多くの農地が宅地として市場に出回ことが予想され、住宅の供給のバランスが一気に崩壊するというのです。(今でも、生産緑地として設定してはいるものの、農地が荒れている所は沢山あります。)これこそ2022年問題・・・・・農地として生産緑地と設定されている所は、税金が安く、その代り農業をしっかりやるために住宅を建てる事はおろか、販売が出来ないという決まりがあります。

 

 

生産緑地 2022年問題 マンション 

 

この2022年問題の前に土地を売る予定のある人は、一円でも高く売れる今がチャンスと思って、相続の問題や、税金の問題も含めて何がベストかを相談しては如何でしょうか?

 

相続 2022年問題 生産緑地

 

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

 

 

 

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ