トップページ > 三和建設ブログ
日々通信

高断熱住宅で健康寿命を延ばそう

健康・省エネ住宅国民会議が長野でシンポジウム

健康・省エネ住宅を推進する国民会議(村上周三会長)は12月21日、「健康・省エネシンポジウム in ながの」を長野市内で開いた。一般の人たち約60人が参加。住宅の性能と住む人の健康状態の関連性について研究を進める慶應義塾大学の伊香賀俊治教授らが講演し、寒冷地の信州で、「健康寿命」を延ばすために高断熱住宅の早期普及を呼び掛けた。

伊香賀教授は、「寒い住宅は健康長寿の大きな阻害要因」と題し、自身の最新の研究成果をもとに講演。家の寒さが心筋梗塞や脳卒中といった健康リスクの引き金になり得ると前置きした上で、北海道や青森県といった高断熱住宅が普及している地域ほど冬季の死亡増加率が低い国内の状況を示した。伊香賀教授は「高断熱住宅の普及が疾病や介護の予防に寄与する可能性がある」と指摘、「長野は同じ寒冷地の北海道や青森に比べると高断熱住宅の普及率が低く、冬季の死亡増加率が高い。健康寿命延伸のために早期に高断熱住宅を普及させるべき」と訴えた。

 

高断熱住宅 健康住宅 心筋梗塞 脳梗塞 健康寿命 省エネシンポジウム

シンポジウムでは、健康寿命を延ばすために住宅の高断熱化が効果的とのデータが示された

同教授は、住宅の室温が2℃上がることで、介護を必要としない自立生活期間が4年間延びるとのデータも示し、「介護にかかる費用や家族の負担を考えれば、断熱改修に200万~300万円かけたとしても確実にもとは取れる」と説明した。

 

断熱改修 高断熱化  伊香賀教授 高断熱住宅 健康・省エネ住宅国民会議
このほか同シンポジウムでは、元長野県企画幹で現在は地域政策デザインオフィスの代表理事を務める田中信一郎さんも講演。田中さんは自身が策定に携わった長野県の省エネ政策について解説した。

(日経ホームビルダーより)

蓄電池導入

2018.2.2お知らせ

2009年に始まった再生可能エネルギーの固定価格買取制度(当初は、太陽光発電余剰電力買取制度と呼ばれていました)の初年度に買い取りを開始した分の法定買取期間(10年間)が2019年に終わります。制度上の買い取りが終わることで不安に思う施主様も多いのではないでしょうか。今回は固定価格制度について知っておくべきことをまとめました。

蓄電池導入 太陽光発電余剰電力 固定価格制度 施主負担なし 2019年終了

2019年に買取期間が終了する太陽光発電は45万件、180万kWある

 

 

蓄電池導入を施主負担なしで実現も

 

 

電力会社が太陽光などの再生可能エネルギーで発電した電力を国が定めた価格で一定期間買い取る固定価格買取制度は、「再生可能エネルギーの普及」を目的に実施されてきました。電力会社に対して、発電された電力を高い単価で買い取ることを、原則、義務付けることで、一般家庭が太陽光発電を設置する際の初期負担を減らし、普及を推進してきました。

この買取期間が終わっても完全に売電できなくなることはありませんが、市場価格での売電になります。

例えば、固定価格買取制度が導入された2009年から2019年の間の買取価格は1kWhあたり48円となっていますが、買取期間が終了すると火力発電の発電コスト1kWhあたり10~12円と同等か、それを下回る価格でないと売電することが難しいとみられています。2019年に買取期間が終了する太陽光発電は45万件、180万kWあり、それらが一斉に市場に放出される可能性があります。これが「2019年問題」です。

■“売る”から“使う”へ

電力会社による買取価格が大幅に下がると、電力会社に売電するよりも個人で消費して電気代を浮かせる方がお得になってきます。ただし、個人で消費すると言っても太陽光発電を利用できる時間帯は昼間のみと、限られています。

そこで鍵となるのが蓄電池です。蓄電池があると太陽光で発電した電気を貯めることができます。蓄電池により夜や曇りの日にも太陽光で発電した電気を使うことができ、電力会社から電気を買わなくて済むため、電気代の節約につながります。オール電化にするとガス代も発生しないため、さらに節約効果が期待できます。
■ローン借り換えを活用

このように便利でお得な蓄電池ですが、価格は200万~300万円台と高額で、手持ちの現金がなければ、信販会社のローンを組んで購入するケースもあります。ただ、信販ローンを組んでまで購入したくないという方も出てくるでしょう。

そこで提案したいのが、住宅ローン借り換えで蓄電池を購入する方法です。住宅ローン借り換えで捻出したお得額分で蓄電池を購入した場合、購入時の現金負担を0円にすることもできます。

実際にどのくらいの金額がお得になるのか具体例で見てみましょう。住宅ローン金利1.5%、残高2000万円、残り借り入れ期間25年の施主様が金利0.5%の住宅ローンを借り換えた場合、270万円のお得額が出ます。この借り換えお得額の範囲内であれば、施主様は現金負担0円で蓄電池を購入できます。

低金利の今だからこそできる、借り換えで、2019年問題への備えと合わせて、そのほかのリフォーム提案にもつなぐことができます。過去に太陽光発電を搭載した施主様への引き渡し後の接点づくりの一手法としてご活用ください。

(日経ホームビルダーより)

欠陥住宅

2018.1.23お知らせ

今日、日経ホームビルダー2月号を読んでみました。「現場の人手不足が欠陥住宅を量産」こんなタイトルでした。写真を見てみるとひどいもので、ほぼ素人に近い人が大工として働いているので全然ダメ。おまけに、現場監督も素人と言ったら何を信じればいいのでしょうか。私達三和建設では、三和建設協力会という業者会があり、腕が悪い職人は入る事が出来ない。現場監督も毎日管理に行くのが日課である。だから安売り住宅とは違う。しっかりとしている自負があります。

 

現場の人手不足 三和建設 欠陥住宅 日経ホームビルダー 素人大工 

とはいえ、職人さん不足という問題は変わりありません。何でも安ければいい、安ければいいという世の中がおかしくしてしまったのではないかと思いますが、私達は自分たちのポリシーでいい仕事を貫き通すことをしていきたいと思います。道具の整理も完璧です。そんな職人さんたちと一緒に仕事が出要る事は私達も幸せです。

職人不足 現場管理 安売り住宅 三和建設業者会 腕のいい職人 

これから、家を建てるお役様に見極めるポイントがあれば、楽に選べると思います。できるだけ、たくさんの現場を見れるといいですね。

また、大工さんとお話が出来たりすると自分のイエが出来ている実感が生まれる方も多いと言います。

これから家を建てる人 

賃貸借契約が変わります

先日、宅建の更新講習に行ってきました。(三和建設の営業は新卒以外みな持っています。)今までの宅地建物取引主任者から、宅地建物取引士へなりました。朝から夕方までみっちりと勉強会でしたが、とてもためになりました。その中でも、賃貸の契約書が今までと大きく変わりそうですので会社に持ち帰って確認しました。これからは、契約者の他に、保証人が幾ら分まで保証するというように、保証の限度額を設けるというのです。そのために、保証人が契約者の通帳の中身を確認するなどして、保証人になるということ。名前だけの保証人では駄目だという事ですね。今では同様、保証人が付く事が出来ない人などには、保証機関が審査をして保証をしてくれることも出来ますが、保証制度を使わない人には、いやらしくなります。

宅建更新 宅地建物取引士 賃貸借契約 保証人 保証限度額 三和建設  

賃貸住宅では壁一枚隔ててお隣の家になりますし、上階の音というのは思ったよりも響く物です。

お隣や上階の音に関しては、壁の作り、壁厚によっても変わってきますが、やはりマンションよりもアパートの方が響きます。

 

特に小さなお子さんがいる場合はどうしても音が気になってきますし、足音が気になって子供を自由に遊ばせてあげられないというのも賃貸住宅では不満の1つに感じてしまいます。子供の足音ならともかく、何の保証って言われても色々あります。夜中うるさい、薬をやっているなど、お金ではない近隣とのトラブルは一番大屋さんも困るのです。

 

 

近隣トラブル 大屋さん 賃貸アパート 保証  

理由なく入居を断る事は出来ませんが、しっかりと調べる事も重要です。大屋さんは、業者と共に失敗しない為にやれることはやるべきです。一人の為に、今まで入っていた住人さん皆を失う事もあるのですから。

 

三和建設 住人さんを守る 失敗しない  

 

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

ファイルを選択

2017年三和建設フォトコンテスト結果発表

三和建設(株)2017年フォトコンテストいよいよ結果発表となりました。たくさんのご応募ありがとうございました。今回三和大賞、多層空間賞、エンジョイ賞の計3賞をご用意し見事に選ばれました作品をご紹介いたします。

 

 

三和大賞  H様

愛息子二人が大好きな場所。木目が綺麗なメープルの床(無垢)材と青碧のソファーのコントラストが目を引く我が家のリビング。彼らの遊び場は、より広い空間を創り出したグランドライン採用の和室とリビングです。

 

三和建設より
木目のきれいなメープル床材にひときわ引き立つ青碧のソファー。二人のお子様たちが自分たちの一番好きな場所で自然な笑顔+ピースサインを引き出している様がわかる作品でした。
これからも大切な思い出を残して頂ければと思います。

…………………………………………………………………………・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

多層空間賞  K様

ロフトを趣味の作業スペースにしてみました!大容量ロフトに固定階段付きで、安心して荷物を運び込めるので、チョットした秘密基地気分を味わっています^ ^

多層空間賞 ロフト 趣味の部屋 秘密基地

 

三和建設より
弊社独自の多層空間Rを最大限に活用して頂いています。ロフトを趣味の作業スペースとして、プラス、ルームとしても利用されている発想力豊かな作品です。お施主様のライフスタイルに合わせたオリジナルな空間が存分に活きています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

エンジョイ賞  M様

子供たちのお泊まり会。
リビングの真ん中に炬燵を出しても十分な広さがあるので、のびのび過ごせます。

お泊り会 子供と楽しく 広々リビング 

三和建設より
お子様とお友達の嬉しそうな雰囲気が伝わってきます。
広々リビングのお住まいですので、たくさんのお友達が泊りにきても手狭にならずお子様たちも楽しめますね

 

おめでとうございました!来年もぜひたくさんのご応募をお待ちしております^^

静岡で家を建てる時に読むブログ

静岡で家を建てる時に、読むブログ。そんなのがあったらみなさんいかがでしょうか?内容は土地の事や、住宅ローンの事、税金の事や、建物のことデザインの事、機能のこと、最新機器や地域ならではの情報を盛りだくさんで書かれていたら読んでくれますか?地域ならではの情報とは、例えばここのスーパーは5時から半額になるお惣菜が美味しい。ここの地域は、水が出やすい、など地元で育った私がここでずっと営業する中でお客様から得た生の情報は本物です。

 

静岡で家を建てる デザイン 土地 税金 ブログ

 

住宅の営業は、皆大変といいますが、これほどいろんなことが学べる業種も少ないと思います。私達三和建設の営業マンも、皆、銀行マンのように、ローンの事も税金の事も分かるようになり、土地家屋調査士や司法書士とのやり取りの中から登記についても分かるようになります。また、、1つのメーカーの商材だけを売るわけでは無いので、(色んな部材の組みあわせ)様々なメーカーの商品について勉強し学ぶことが出来ます。大変ですが、これほど楽しい仕事はないといっていいです。(独断とした偏見ですが・・・)

 

三和建設スタッフ 楽しい ローン 仕事

設計は設計で、これからのお客様の家を夢をどのように喜んでいただけるか考える仕事として、やりがいのある仕事です。チームワークがしっかりできてはじめてスペシャリストの集団となるのですね。

設計 チームワーク スペシャリスト 住宅営業

 

 

家を建てる時に読む本Vol.16

家を建てる時に読む本の秋冬版が販売されます。いつもながら、三和建設も特徴を紹介しながら掲載しております。パッと見てみると、どこもあまり変わり映えがないように見えるかもしれませんが、プロ目線でよく見てみてみると、ここはいいなと思う住宅会社さんやこれは・・・と思う会社さんもあります。

私達の仕事はこれだけたくさんの会社の中から選ばれなければなりませんから、必要とされる住宅会社は何か?しっかりと考えていくことが今後は求められます。

 

三和建設 家を建てるとL気に読む本 特徴 秋冬号

今、顧客のメーカー離れが進んでいるのは、大手だから安心という神話がどこかで崩壊してきている影響もあるかも知れません。でもいいところはいいので、2

極化でしょう。皆様が選ぶポイントは?デザイン、構造、間取り、高気密高断熱、など色々なキーワードがあるはずです。

 

 

三和建設 デザイン 構造 間取り

 

でも、一番肝心なポイントは、大手も潰れるこの時代です。経営内容や経営理念を見てみたらいかがでしょうか?大手のメーカーも大きければ大きいほど、ブレーキが利きにくいのは常。だからこそ、健全な経営が出来ているかどうか?そういったところもお客様には見るポイントがあってもいいと思いました。資本金や経常利益、余剰利益など現在マイナイスの会社で建てたら、いつ倒産するか怖いですよね。大手だから安心、中小だから危険では無く、しっかりと見極めていくポイントや、取引先の銀行など(メインバンク)もしっかりとチェックしてから建てて下さいね!!

 

三和建設 経営内容 経営理念 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造作キッチン

三和建設プレゼンハウス®は12月には駿河区の池田でもオープンします。プレゼンハウスラッシュです。それぞれ見所が違うので、お客様にとっては、三和建設のオンパレードが出そろう形となります。この池田では、お客様が夜景をお楽しみいただき頂ける、そしてオンリーワンのオリジナルキッチンが高級な住宅をより演出します。現在丁度キッチンの施工中です。

 

オリジナルキッチン 高級 三和建設 池田プレゼンハウス® 

また、アイアンを使ったオープン階段は屋上へと続き、夜景をお楽しみいただけます。この階段の踏板は板の目を合わせて綺麗にした集成材で、今回初めて使いました。建材屋さんのカタログにも写真を載せさせてほしいという程、きれいで丈夫な物ですので、みなさまにはご覧頂ければありがたいと思います。

(階段の施工中の写真です。)静岡では弊社がはじめて採用です。

 

アイアン階段  施行中 職人さん 集成材

 

写真をご覧頂くとお分かりのように、とっても明るいリビング、ダイニング、に開放的な空間、と多層空間®、私達三和建設の得意の住宅が完成まじかとなっております。(職人さんが最後の追い込みに一生懸命作業しています。)2棟並んで建てており、2棟の完成販売会として、12月2日(土)3(日)にオープンします。金曜日の静岡新聞の折り込みチラシに入りますので、是非ご覧ください。

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

ロリエたこまん

この連休中に、清水区の大坪町(もとリフォームのナカヤマの後地)に浜松では有名なあのたこまんがロリエの名前を次いでオープンしました。前日まで工事が終わったいなかったので、チラシをまく範囲を急遽変更し小範囲で撒いたとの事でしたが、大賑わいでした。浜松では、あまから団子という名前のみたらし団子が、駿河団子という名前で売っていたり、ロリエの名物である、アマンド娘などそのまま売っていたり、さすが超有名経営者の平松社長の会社だと感じました。

あまからだんご  アマンド娘

 

 

 

平松社長の父親は、子どもの頃に友人の家で食べた酢だこの美味しさが忘れられず、「こんな美味しいお菓子を沢山の人に食べて貰いたい」という想いから、「たこを満たす」という意味の「たこ満」という会社を作り、菓子作りを始めました。父親の菓子作りに対しての真摯な姿勢は、子どもであった平松社長の心にも届きました。父親は、おまんじゅう(お菓子)を作る事は、みんなに幸せをあげることが出来る素晴らしい仕事であると心から思っていたといいます。

 

ロリエたこまん 平松社長 

 

 

創業者の父から受け継いだ「感謝と思いやりの心」を現在もなお持ち続けて、設立当初から地域のお客様に育てられてきたため、いかに恩返しをするかということを従業員全員が常に考え実行しています。

また、人材育成に力を入れていて、もちろん、業績は重要ですが、業績を作るのは従業員である以上、人の成長には積極的に関わっています。従業員は家族の一員であり、会社で働くことを通じて、自身の使命や志を発見し、自分を活かした生き方をして欲しいと考えていらっしゃいます。私ども三和建設も、会社として見習う所が多い会社様です。

人材育成 感謝 思いやり  素晴らしい仕事

 

 

保存

保存

保存

広島CARP特別仕様!!

静岡にある三和建設では、プロ野球はどこの球団が好きと聞いても、みんなバラバラですが、広島の人はみんなCARPでしょうねきっと。そこで、なんと8台限定で無垢の赤いカープキッチンが販売されることになりました。これは、ウッドワンと広島カープがコラボで出した商品で、ファンにはたまらない商品です。

(一瞬コカコーラと間違えてしまいましたが・・・)

 

三和建設 広島カープ ウッドワン特別キッチン 赤いキッチン

(日経ホームビルダーより)

 

今はなんでも、自分だけのオリジナルが売れる時代です。個性を大事にするこんな時代だからこそ考えられたのだと思います。作ればもっと売れそうな感じがしますが、8台というのがそそられるのでしょう。また、ウッドワンにとっては、宣伝効果に繋がり、これを機に知名度も上がるのではないかと思います。

ここ清水でも、地元の球団である清水エスパルスキッチンを作ったら売れるのかな?と考えていましたが、売れるのか不安です。熱狂的な浦和ファンのためなら作っても面白いかと思い、色々考えさせられます。

 

清水エスパルス 熱狂的 ファン 三和建設 

 

どんな形であれ、お客様に喜んで頂けるものは買って頂けるのですから、そういったものの商品化を目指して行ければと思います。住宅業界といろんな業界のコラボが出来れば、楽しい空間や生活をお客様にお届け出来て、また新しい住まいかた、ライフスタイルをご提案出来そうです。

 

静岡三和建設 広島CARP 特別キッチン 限定8台

 

ホームページは下から↓

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

保存

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ