トップページ > 三和建設ブログ > 住宅の床材は何がいい?
日々通信

住宅の床材は何がいい?

2018.8.10家のこと

最近の住宅の床材はシートの進歩で本物の木の感じが表現出来るようになりました。それでも無垢が良かったり、突板が良かったり、、掃除を考えたらやっぱりシート材が良かったりと悩みます。金額的にはやはり無垢材は高いのですが、少し説明させていただきます。

 ①単層フローリングとは(無垢材)

一本の原木から接着剤を用せず必要な寸法に切り出してフローリングとして製材されているため木本来の質感や風合いが感じられる唯一のフローリング。小口(切れ目)を見ると年輪が見え一枚の木でできていることがわかります。温かみがあったり、木の本来の良さを体感できる床材です。針葉樹は、主に無垢材に使用され、広葉樹に比べて柔らかいです。
傷はつきやすいのですが、修復は可能ですし、肌触りが良いのが魅力です。傷がついたときには、削ったり、柔らかい木であれば、アイロンを当ててもとに戻すことも出来ます。(収縮作用を利用する)

 

無垢材

 

② 複合フローリングとは
基材と呼ばれる部材と仕上げ用の化粧板や特殊シートを接着剤を使用して張り合わせた、複数枚の層から成り立つフローリング。小口(切れ目)を見ると薄い複数枚の板を接着してできていることがわかります。複合フローリングは、反りや収縮がなく木材が安定していて、耐衝撃性、耐摩耗性を上げた商品など、年々快適に使える機能が改良されています。

表面の単板の種類や塗装により、色はホワイトカラーからダークカラーまで、デザインは大理石調やタイル調など、いろいろなパターンから選べるのも特長です。

 

防音 ペット専用の床 ダイケン工業

防音や抗アレルゲンなどの工夫がされた製品も数多くあります。ペット専用の床など、愛犬の引っかき傷やよだれ、おしっこにも強く、お手入れ簡単です。犬の骨折を防ぐための床など、愛犬家にはいいかもしれませんね!

突板と呼ばれる表面に無垢の板を薄く切ったものを張った複合フローリングの天板に使用されるのは一般的に広葉樹の木材です。

シートを使った商材が今ではほとんどですが、見分けがつかないほどマット仕上げにしたりと、驚く商材ばかりです。

三和建設静岡 ライフスタイル フォトコンテスト 注意事項 応募 複合フローリング

いかがでししょうか?床は一回張ったらなかなか張り替えることはないので、少し値が張っても頑張ってもいいかもしれないところですね!しっかりと考えてみてくださいね!!

 

三和建設静岡は、地域密着の不動産に強い土地からの家づくりが得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

 

 

 

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ