トップページ > 三和建設ブログ > 注文住宅で家を建てる方必見|家の耐震性の基準とは
日々通信

注文住宅で家を建てる方必見|家の耐震性の基準とは

これから注文住宅で家を建てる方にとって、耐震性が心配という方も多いのではないでしょうか。先日の北海道の大地震など、もちろんここ静岡でも、いつどこで起こるかわからない地震大国ですから、耐震性が高い家を建てたいと思うのが普通です。まず、耐震性には、いくつかの基準があります。今回は家の耐震性の基準についてご紹介します。

品質確保 大地震 静岡 耐震性 耐震等級 地震大国

 

耐震等級の基準とは

耐震性は、耐震等級という基準で測れます。耐震等級は、住宅の品質確保の促進等に関する法律で記述されています。耐震等級には1~3の3つの等級があり、耐震等級3になるにつれて耐震性が高いと判断されます。耐震等級1は震度6程度の地震に耐えうるとされ、全ての建物に求められている基準です。耐震等級2は耐震等級1の1.25倍で、耐震等級3は耐震等級1の1.5倍の耐震性という基準値となります。もちろん、耐震等級が高ければその分丈夫にするための規則や費用多くなり、大開口の吹き抜けや、中二階など思った間取りにできないこともあります。人それぞれ考え方は違いますが、ご家族が安心安全に住み続けられる家をつくることは重要ですね。

壁量計算 構造計算 耐震等級 耐震性能 静岡

 

とはいうものの、耐震性を測る3つの耐震等級という基準がすべてでは無いということも、今回は知っていただければと思います。、耐震性が高い家をつくることは重要だけに、もっと、耐震性能が明確に高いと証明できるものはないか?それは構造計算です。構造計算といっても、単なる壁量計算を構造計算という会社もあるので注意です。構造計算は、その家一棟一棟を基礎から柱からすべてを計算し、激震に耐えられる設計をすることが出来るのです。通常では、鉄骨の建物、木造では3階建ての建物にしか義務づけられていません。なぜなら、とても大変で、時間とお金がかかる計算であるからです。でもその分耐震等級3という基準値よりももっとしっかりとした耐震性が得られると思います。静岡三和建設ではオプションで、自社で構造計算をかけることが出来ますので、地震が来る前にぜひご相談ください!

静岡三和建設 地域密着 不動産に強い 土地からの家づくり 耐震性能 構造計算

 

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの家づくりが得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.jp/

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ