トップページ > 三和建設ブログ > 新潟の地震。プロが見て地震に強い住宅は?
日々通信

新潟の地震。プロが見て地震に強い住宅は?

2019.6.20家のこと

最近地震があまりフォーカスされていなかったが、そんな時にまたやってくるのが

地震である。東北地震では津波や原発といったニュースが毎日のように報道され

こんなに悲しいことないと誰もが思った。時間はその恐怖を忘れせてくれるのですが、

やはり命を守るのが住宅の一番の役目ではないでしょうか?今回あった、震度6強と

言えば、立っていることが困難になり、固定していない重い家具の多くが動き転倒する。

その下敷きになることもある。また、 ドアが開かなくなり、火災の際には出られない。

建物で言えば、壁のタイルや窓ガラスが破損、落下。耐震性のの低い住宅では、倒壊するもの

があるのです。耐震性があると言われながらも、壁や柱が破損するものが出ることもあるほど大

きな揺れなのです。

新潟の地震 プロが見て地震に強い住宅  東北地震 津波 原発

私たちプロが見て本当に強い住宅はなんでしょう?

一棟一棟構造計算をしてある住宅はまず安心と言えるでしょう。

この構造計算とは、3階建てもしくは、面積が一定の大きさを超えたものには、

やる義務があります。それでも、平屋であろうが、2階建てであろうが、オプションでもいいので、

出来る会社を選ぶといいですね。(しかし、費用と時間がかかるのが難点です。)

耐震性 構造計算 直下率 

構造計算は出来なくても、直下率といますが、一階と二階の柱の位置がなるべく、同じ位置にある

建物は比較的強い建物と言われています。梁が大きく、間が飛んでいてもカバーが出来ている

など、ぱっと見で、私たちは分かります。でも、信じられないくらい、「なんじゃこれは・・・」というような家が

実際に建っているのですから怖いのです。

静岡三和建設 地域密着 不動産に強い 土地からの注文住宅 

また、ローコスト住宅はやっぱりお勧めできません。野丁馬の職人さんは数の原理で

仕事をしなければ食べていけないので、1軒1軒時間をかけて仕事をしていたら、割

が合わないのです。(1棟一1棟精魂込めて仕事に当たっている職人さんがいないわけでは

ないと思いますが・・・)一般論として、自分の仕事にプライドをもって、腕のいい職人さんは、

ローコスト住宅の仕事を嫌がります。

 

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.j

 

 

 

 

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ