トップページ > 三和建設ブログ > 大雨、災害の警戒レベル
日々通信

大雨、災害の警戒レベル

これから梅雨に入り、台風が沢山来る可能性があります。

大雨注意報など、いろいろと見たことがあると思いますが実際は

どういったたものなのか?

警戒レベルは1~5とあり。数値が高いほど危険なレベルになります。

またか!と思わずいつ命に関わる災難に合うかわかりません。

しっかりとどこまで逃げる、避難地は?持って出るものは?

予め対応をしておきましょう!

台風 大雨注意報 洪水注意報

警戒レベル1・・・・災害への心構えを高める
災害発生の危険性はまだ低い段階ですが、気象庁から警戒レベル1「早期注意情報」
が発表された場合には最新の防災気象情報などに留意するなど、災害への心構えを高めてください。

■警戒レベル2・・・・ハザードマップなどで避難行動を確認
 気象庁から警戒レベル2「大雨注意報」や「洪水注意報」が発表され、災害発生に対する注意が
高まってきた段階です。ハザードマップで災害の危険性のある区域や避難場所、避難経路、
避難のタイミングの再確認など、避難に備え、自らの避難行動を確認しておきましょう。
避難勧告 避難指示 緊急 指定緊急避難場所 ハザードマップ 避難行動を確認

 

 

■警戒レベル3は、高齢者や要介護者等が避難
 市町村から警戒レベル3「避難準備・高齢者等避難開始情報」が発令された段階です。
避難に時間がかかる高齢の方や障がいのある方、避難を支援する方などは安全な場所へ
避難しましょう。また、土砂災害の危険性がある区域や急激な水位上昇のおそれがある
河川沿いにお住まいの方も、準備が整い次第、この段階で避難することが強く望まれます。
また、それ以外の方もいつでも避難できるように準備をしましょう。

■警戒レベル4は、対象地域住民の全員避難
 市町村から警戒レベル4「避難勧告」や「避難指示(緊急)」が発令された段階です。
対象地域の方は全員速やかに避難してください。災害が発生するおそれが極めて
高い状況等で、指定緊急避難場所への立退き避難はかえって命に危険を及ぼし
かねないと判断する場合には、近隣の安全な場所への避難や建物内のより安全な
部屋への移動等の緊急避難を行ってください。
 また、避難指示(緊急)は必ずしも発令されるものではなく、地域の状況に応じて
、緊急的に、または重ねて避難を促す場合に発令されるものですので、避難勧告が
発令され次第避難をしてください。

静岡三和建設  地域密着 不動産に強い土地 注文住宅が得意 安全な避難

 

■警戒レベル5は、” 命を守るための最善の行動を”
 市町村から警戒レベル5「災害発生情報」が発令された段階です。
すでに災害が発生している状況ですので、命を守る最善の行動をとってください。
 警戒レベル5になってからでは、安全な避難が難しい場合があります。地域の皆さんで
声を掛け合って、また、空振りをおそれずに、レベル3、レベル4の段階で安全・確実に
避難を終えましょう。
取材協力:内閣府 文責:政府広報オンライン>  参照

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!ホームページーは下から

http://www.sanwagr.co.j

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ