トップページ > 三和建設ブログ > 民間住宅ローン借換の実態調査
日々通信

民間住宅ローン借換の実態調査

住宅金融支援機構(東京都文京区)は9月6日、2018年度の「民間住宅ローン借換の実態調査」の結果を発表した。

借換前後の金利タイプ構成比では、「変動型」が38.7%から48.6%に増加して最も多くなった。

「固定期間選択型」は41.5%から38.9%、「全期間固定型」は19.8%から12.5%にそれぞれ減少した。

 

 

住宅金融支援機構 固定金利 変動金利

借換による金利タイプの変化 金利タイプ別の借換理由は、借換後の全ての金利タイプで

「金利が低くなるから」「返済額が少なくなるから」「適用金利が上昇し、返済額が増加するから」

の順だった。また、借換による毎月返済額の減少分の使途は、全ての金利タイプで「生活費に

充てた」「教育資金に充てた」「貯蓄(住宅リフォーム資金以外)」「貯蓄(住宅リフォーム資金)」の

順だった。 同調査は2018年4月~2019年3月に借換を行った人を対象としたもの。回答数は

1000件だった。

 

正直、昔に比べ、今の金利はとても安いので、ここで住宅を建てないのは損です。また、借り換えの手数料

や登記費用などをしっかりと計算したうえでも、借り換えをした方がよいというぐらいの高い金利で借りた方も

いると思います。

出来れば、交渉して同じ金融機関で金利の見直しをしてもらう方が、登記費など煩わしい費用が掛からないで済むので

一度交渉してみてはいかがでしょうか?

 

静岡三和建設  地域密着 不動産に強い  土地からの注文住宅  快乾空間新発売!

 

毎月返済額の減少分の使途(借換後の金利タイプ別)

                                                    (新建ハウジング調査より)

静岡三和建設は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!

快乾空間新発売!

 

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ