トップページ > 三和建設ブログ > 台風が来ている!備えは大丈夫?
日々通信

台風が来ている!備えは大丈夫?

もしもの時に何が役に立つ

今また大きな台風が近づいてきました!千葉のような大きな災害にならないことを祈りつつ、

どのように備えればいいのか考えています。

みなさん、被災地で実際に役に立つものは何かご存じですか?

圧倒的に使えるものは「カセットコンロ」です。ライフラインが止まった時でも,温かい食事を作るこ

とができるため、カセットコンロは役に立ちます。また、調理はもちろん、やかんや鍋でお湯が沸か

せるので、加湿器の代わりにしたり、沸かしたお湯で体を拭いたり、カセットコンロそのものをストーブ

代わりにして暖を取ったり…と、災害時でもさまざまな使い方ができるのがその理由です

。鍋料理やアウトドア用コンロとしてすでに持ってる人も多いかもしれませんが、そんな方も災害時

の対策として替えのボンベの備蓄を忘れずに、今のうちにチェックしておきましょう!

ゲリラ豪雨 備えは大丈夫?

防災食がおいしく進化中!

カセットコンロは持っていても、災害時の対策として非常用の防災食、蓄えていますか?

防災食の定番といえば乾パン。正直私はあまり好きではありません。インスタントラーメン

を保存食として買ってあるものの、賞味期限が短いのが気になります。
最近では、普段から食べたくなるほどおいしく進化した防災食が出ていること

に最近気が付きました。例えば、缶詰に入ったデニッシュパン。缶を開けると、

紙につつまれたデニッシュパンが!しっとりとした

食感で、普通にお店で売られているパンに引けを取らないおいしさです。

しかも賞味期限は3年と長いのが魅力。
いざ防災食が必要となる災害時には、とってもうれしいですね。災害時は、

飽きないものを食べて元気になりたくなると皆さんが言っています。

台風やゲリラ豪雨などの自然災害がの対策として、こうした防災食を備蓄

しておけば、もしものときに落ち着いた行動が取れるはずですね!

自然の脅威はいつ襲って来るかわからない。『災害時も普段の食事がしたい』

そんな声を元に開発された、最近の進化した防災食を備えてみてはいかがですか?

 

防災グッツ 防災食 台風 

防災グッツは数があればるほどいい

 震災をきっかけに、防災グッズを準備しておくことの必要性は
一般的になったと思いますが、防災グッズを「どこにどれだけ置く」
かも大切です。 どんな状況で災害に遭うかは分かりませんが
、一刻を争うような時に、さっと防災グッズを持ち出せなければ
いざという時に使えません。
私はリュックサックに詰め込んでありますが、家の中のどこに
置いたか???ほとんどの場合は玄関から外に出ようとするはずなので
、玄関内のすぐ取り出せる場所に保管しておくことが良さそうです。 
 いざというときの対策として避難場所の確認や、家族の集合場所など
を日頃から話し合っておくことも大切ですね。

三和建設 台風 被害 三和建設静岡 地域密着 不動産に強い 土地注文住宅!  快乾空間新発売

(大きな台風で弊社の倉庫も水で大被害になったこともありました)

あと、あってもいいものは何でしょう?
水は1日あたり一人2リットル必要と言われています。水だけでなく食料などを含め2~3日分の

備えを家族4人分用意すると畳半畳ほどのスペースになるそうです。
備えあれば憂いなしとは言うけれど、スペースを考えるといくらでも用意するわけにはいきません。
ライフラインがほとんど停止する災害時で自宅での避難生活を余儀なくされる場合、物資の備蓄が

あった方が安心です。
家の中の収納が少し広ければ、災害時に無くなると非常に困るトイレットペーパーや、子育て世代

だったら、おむつやミルクを少し多めに常備できるので安心ですね。あとは常備薬は持ち出せるように

しましょうね。

 

三和建設静岡は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!

快乾空間新発売

http://www.sanwagr.c

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ