トップページ > 三和建設ブログ > 清水エスパルス。新社長に期待!
日々通信

清水エスパルス。新社長に期待!

2020.1.30趣味
高校サッカーでは、男女アベック優勝と昔の静岡サッカー王国が蘇ったように感じましたが、


我らエスパルスはどう変わっていくのか?今月清水エスパルスの代表取締役社長に就任した


山室慢性的な赤字体質を黒字へと転換させた実績を持つ経営のスペシャリストです。

高校サッカー 清水エスパルス 代表取締役社長 山室晋也 みずほ銀行

プロ野球界からサッカー界への転身が、斬新に映るだけではなく、2013年11月にマリーンズの

球団顧問に就任する直前までの肩書きは、みずほ銀行の執行役員だった。さらにつけ加えれば、


立教大学を卒業した1982年に第一勧業銀行(現・みずほ銀行)に入行して以来、プロスポーツ


とは無縁の世界を歩んできた。 そんな彼が、赤字企業のエスパルスに来てくれたのです。


他からも、御誘いが沢山あったと言いますが、何とかしてみたいという男気がある人なのでしょう。

エスパルス ロッテ サッカー王国

トップが変われば、企業が変わると善き言いますが、それは本当で、球団名に「ロッテ」が入って

50年目となる2018シーズンには、収入の三本柱となる入場料、グッズ、飲食のすべてで当時の過去最高

 

益を更新。親会社からの補填に頼ることなく初めての黒字化を果たし、純利益額は3億8513万円、利益

 

剰余金は4億1767万円をそれぞれ計上した。今回エスパルスに来て、マリーンズと同じく社長室を設けず、

 

他の社員たちと同じ大部屋にデスクを構える。悩みや苦しみ、そして喜びを共有し、部署間の連携を高める

 

ことで業績を好転させた成功体験を新天地にも持ち込んだ形です。我らエスパルス、今年こそ、サッカー王国

 

の意地を見せたいものです!頑張れエスパルス!!


三和建設静岡 地域密着 不動産 土地 注文住宅  快乾空間

三和建設静岡は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です! 快乾空間新発売

http://www.sanwagr.co.jp

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ