トップページ > 三和建設ブログ > わかりやすい地盤調査の方法とは?
日々通信

わかりやすい地盤調査の方法とは?

昔は地盤の調査などすることが無かったのですが、今では確認申請を出すのに

 

地盤調査の結果が求められます。ではどのように調査をするのでしょうか?

 

木造住宅においてはスウェーデンサウンディング試験というやり方を行います。

 

下記の機械を用いて、住宅の4隅と中央を測定していきます。おもりを加えていき、

 

どの位の重さで沈下していくのか計測し、またそのメーターでの土の質を採取したりしていきます。

 

土を採取するのは、仮に改良工事が必要な場合どのような方法なら、安心できる改良工事が

 

出来るのかを調べるためです。

 

地盤調査の方法 スウェーデンサウンディング試験 N値 地盤改良

 

その数値はN値で表され、その数値が高ければ高い程良いという見方です。また、砂や、粘土、石、

 
など書いてあるのが採取した土質です。N値が5を超え、それが2つ繋がっていると、まあまあ良いのかなと、

 
思うのですが、判断するのは保証会社ですのでその結果を待ちます。

表層改良 柱状改良 パイル工法 ベタ基礎

 

改良が必要な場合には、表層改良といって、土を入れ替えたり、コンクリなどを混ぜて土を固くする方法。

 

柱状改良といって電柱のような柱杭を打ち込む方法。また、パイル方法といって、穴を掘りながら

 

コンクリートを流し込み固める方法。最近では環境杭といって、木の柱を打ち込む方法など様々です。

 

土の質でコンクリートが固まらないなどあるので、パイル工法が出来ないこともあり、どれで改良するのか?

 

一番良い方法を検討していきます。

 

三和建設静岡 地域密着 不動産 土地 注文住宅  快乾空間🄬

最終結果、上記のような判定が来ます。今回はベタ基礎でOKという判定です。いかがでした

 

でしょうか?基礎は住宅を支える一番大事な部分ですが、その基礎に入る前の土質も重要な

 

ことを、今回おわかり頂けたのではないでしょうか?

 

三和建設静岡は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です! 快乾空間🄬新発売

http://www.sanwagr.co.jp

 

 

 

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ