トップページ > 三和建設ブログ > 睡眠中の熱中症とその予防
日々通信

睡眠中の熱中症とその予防

最近我が家では、エコの為、和室で子供2人と3人でエアコンをつけて寝ています。

 

妻は犬と一緒に、リビングに布団を敷いて朝早く起きて、弁当を作るので別に寝ています。

 

エアコンをつけて寝ると朝疲れると、今まで扇風機しか使っていなかったのですが、

 

なんと、熱中症の約4割が夜の睡眠中に起きているという事を聞き気を付けようと

 

思ったからです。

睡眠中の熱中症 予防 エアコン 扇風機 

そこで今日は睡眠中の熱中症とその予防について調べてみました。まず、熱中症の

 

大きな要因として、【①気温:高い】【②湿度:多い】【③風:少ない】の3つです。

 

夜は涼しいという勘違いを皆さんしていませんか?夜は日が沈み気温は下がります。

 

ですが、昼間に壁や天井が暖められ、蓄えられた熱が放射熱となり、室温を高くして

 

しまうんです。(我が家もとても蒸し暑い・・・)

 

熱中症の症状といえば、「気分不快」「だるさ」「めまい」「意識消失の立ちくらみ」

 

「筋肉痛」「筋肉のこむら返り」「手足のしびれ」などがあります。

 

しかし、睡眠中は夢の中・・・自覚できないため、熱中症はいっそう重症化してしまいます。

 

クール素材の布団 除湿 

上記の要因3つを避けながら、クール素材の布団を使ってみたり、エアコンを

 

(除湿を含め)つけ、直接体に風を当てるのではなく、室内に風の対流を起こさせる

 

扇風機を同時に使うなどするとよいでしょう。また、私たちは睡眠中にコップ1~2杯

 

の汗をかいています。なので、入浴前や睡眠前に、コップ1杯(約200ml)の水を飲むと

 

良いとも言います。

三和建設静岡 地域密着 不動産 土地 注文住宅 快乾空間®

三和建設静岡は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!快乾空間®発売中!

http://www.sanwagr.co.jp

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ