トップページ > 三和建設ブログ > 水害リスクを事前に説明することが義務化されました
日々通信

水害リスクを事前に説明することが義務化されました

近年、異常気象による豪雨被害が増えています。特に九州や西日本では

 

毎年のように起きていて、多数の死者まで出ています。

豪雨被害 異常気象 大雨 三和建設

 

そのため、不動産の取引時は水害ハザードマップを掲示して

 

対象物件が水害ハザードマップ上のどこにあるのか

 

おおむねの所在地を事前に説明することが義務付けられました。

 

売買・交換のときだけではなく、賃貸の場合も説明する必要があります。

 

重要事項説明 水害 ハザードマップ 三和建設

 

買おうとしている もしくは 借りようとしている物件が

 

災害の危険性が低いに越したことはないですよね。

 

 

 

 

清水は海が近く、巴川のような大きな川もあります。

 

山の近くでは土砂災害の危険もあります。

 

これから不動産を買う(借りる)という方以外も、

 

一度ご自宅は大丈夫かどうか確認されてみた方が良いかもしれません。

 

静岡市のハザードマップはこちらからご覧になれます。

 

避難場所がどこにあるのかも確認することができます。

 

静岡市防災情報マップ

https://www2.wagmap.jp/shizuoka-hazard/Portal

 

 

 

三和建設静岡は、地域密着の不動産に強い土地からの注文住宅が得意です!快乾空間®発売中!
http://www.sanwagr.co.jp

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ