トップページ > 三和建設ブログ
日々通信

静岡で家を建てる時に読むブログ

静岡で家を建てる時に、読むブログ。そんなのがあったらみなさんいかがでしょうか?内容は土地の事や、住宅ローンの事、税金の事や、建物のことデザインの事、機能のこと、最新機器や地域ならではの情報を盛りだくさんで書かれていたら読んでくれますか?地域ならではの情報とは、例えばここのスーパーは5時から半額になるお惣菜が美味しい。ここの地域は、水が出やすい、など地元で育った私がここでずっと営業する中でお客様から得た生の情報は本物です。

 

静岡で家を建てる デザイン 土地 税金 ブログ

 

住宅の営業は、皆大変といいますが、これほどいろんなことが学べる業種も少ないと思います。私達三和建設の営業マンも、皆、銀行マンのように、ローンの事も税金の事も分かるようになり、土地家屋調査士や司法書士とのやり取りの中から登記についても分かるようになります。また、、1つのメーカーの商材だけを売るわけでは無いので、(色んな部材の組みあわせ)様々なメーカーの商品について勉強し学ぶことが出来ます。大変ですが、これほど楽しい仕事はないといっていいです。(独断とした偏見ですが・・・)

 

三和建設スタッフ 楽しい ローン 仕事

設計は設計で、これからのお客様の家を夢をどのように喜んでいただけるか考える仕事として、やりがいのある仕事です。チームワークがしっかりできてはじめてスペシャリストの集団となるのですね。

設計 チームワーク スペシャリスト 住宅営業

 

 

家を建てる時に読む本Vol.16

家を建てる時に読む本の秋冬版が販売されます。いつもながら、三和建設も特徴を紹介しながら掲載しております。パッと見てみると、どこもあまり変わり映えがないように見えるかもしれませんが、プロ目線でよく見てみてみると、ここはいいなと思う住宅会社さんやこれは・・・と思う会社さんもあります。

私達の仕事はこれだけたくさんの会社の中から選ばれなければなりませんから、必要とされる住宅会社は何か?しっかりと考えていくことが今後は求められます。

 

三和建設 家を建てるとL気に読む本 特徴 秋冬号

今、顧客のメーカー離れが進んでいるのは、大手だから安心という神話がどこかで崩壊してきている影響もあるかも知れません。でもいいところはいいので、2

極化でしょう。皆様が選ぶポイントは?デザイン、構造、間取り、高気密高断熱、など色々なキーワードがあるはずです。

 

 

三和建設 デザイン 構造 間取り

 

でも、一番肝心なポイントは、大手も潰れるこの時代です。経営内容や経営理念を見てみたらいかがでしょうか?大手のメーカーも大きければ大きいほど、ブレーキが利きにくいのは常。だからこそ、健全な経営が出来ているかどうか?そういったところもお客様には見るポイントがあってもいいと思いました。資本金や経常利益、余剰利益など現在マイナイスの会社で建てたら、いつ倒産するか怖いですよね。大手だから安心、中小だから危険では無く、しっかりと見極めていくポイントや、取引先の銀行など(メインバンク)もしっかりとチェックしてから建てて下さいね!!

 

三和建設 経営内容 経営理念 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造作キッチン

三和建設プレゼンハウス®は12月には駿河区の池田でもオープンします。プレゼンハウスラッシュです。それぞれ見所が違うので、お客様にとっては、三和建設のオンパレードが出そろう形となります。この池田では、お客様が夜景をお楽しみいただき頂ける、そしてオンリーワンのオリジナルキッチンが高級な住宅をより演出します。現在丁度キッチンの施工中です。

 

オリジナルキッチン 高級 三和建設 池田プレゼンハウス® 

また、アイアンを使ったオープン階段は屋上へと続き、夜景をお楽しみいただけます。この階段の踏板は板の目を合わせて綺麗にした集成材で、今回初めて使いました。建材屋さんのカタログにも写真を載せさせてほしいという程、きれいで丈夫な物ですので、みなさまにはご覧頂ければありがたいと思います。

(階段の施工中の写真です。)静岡では弊社がはじめて採用です。

 

アイアン階段  施行中 職人さん 集成材

 

写真をご覧頂くとお分かりのように、とっても明るいリビング、ダイニング、に開放的な空間、と多層空間®、私達三和建設の得意の住宅が完成まじかとなっております。(職人さんが最後の追い込みに一生懸命作業しています。)2棟並んで建てており、2棟の完成販売会として、12月2日(土)3(日)にオープンします。金曜日の静岡新聞の折り込みチラシに入りますので、是非ご覧ください。

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

クリナップ水回り工房

私達三和建設は、毎年クリナップさんの水回り工房の表彰式で表彰されます。今年も昨年同様の、最優秀のプラチナ賞を頂く事ができました。沢山のメーカーがありお客様が色んなショウルームからお選びいただくので、(弊社ではクリナップ、リクシル、TOTOのどれを選んでも金額は同じ)クリナップさんの商品はいいモノなのだとこうやって表彰を受けると改めて感じます。

 

三和建設 クリナップ水回り工房 プラチナ賞 受賞

会場はブケトーカイで毎年行い、講師を招いてのセミナーから始まり、豪華なパーティーも行うので社員さんたちは大変だと思います。今回のテーマ、

リフォームの市場をどう呼び起こしていくかというリフォーム新聞の編集長さんの公演は、様々な角度からのヒントがあり、参考になりました。また、この水回り工房の会員数昨年に比べ大幅に増え、会場の人数も昨年よりも沢山の方が来ていることに驚きました。

 

 

 

プラチナ賞 三和建設 クリナップ 

二年連続でこのプラチナ賞を受賞し続けていますので、何とか来年も受賞できるように、そのためにお客様に沢山の建物の契約して頂けるように営業活動を邁進していけれればと思いました。最近はお風呂はTOTOさんのサザナが一番出ているのが現状です。お客さんは正直です。いいものは選ばれるのです。

選ばれる商品つくりが大切ですね!!

 

プラチナ賞 クリナップ 静岡 

 

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

TV撮影

本日、三和建設石川プレゼンハウス®にてTVの撮影を行いました。第一テレビのシェアセレクト+いう番組で11/24金曜日の10時55分頃から放送します。あまり見慣れない平日の番組かもしれませんが、弊社営業の八木が頑張りましたので、ぜひご覧ください。

 

 

三和建設 TV撮影 第一テレビ シェアセレクト+

 

このプレゼンハウスの®の特徴は、内装をインダストリアルを基調にした、「男前スタイル」に仕上げ、ご主人の好まれる感じにしています。

男前スタイル」とはいえ、奥様の使い勝手を良くする為玄関ホールからリビングを通らずに直接キッチンへアクセスを可能にし、キッチン裏に水廻りを集約することで移動による負担も軽減させました。

また、リビングは床面を下げたダウンリビングで、リビングとダイニングキッチンをゆるく仕切ることで、メリハリのある心地よい空間を演出しました。

 

さらに、ダイニング上部を吹抜けにすることで、明るく開放的なスペースを創出しました。

 

立地は、高部東小学校や清水第六中学校のほか、スーパーなども近くにあり、JR清水駅にもアクセスがスムーズです。

 

CM撮影 三和建設 清水区石川プレゼンハウス® 男前スタイル

 

今週の11/11(土)12(日)がグランドオープンです。

是非たくさんの方にご来場いただければと思います。他会場として、袖師プレゼンハウス®、押切プレゼンハウス®も同時に開催しております。

 

営業八木 石川 袖師 押切 

ホームページはここから

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

多層空間®は有効な建て方です

私達三和建設では、多層空間®住宅を最も得意としこれまでに沢山の住宅を手掛けてまいりました。なんか狭くなりそうとか3階建てになってしまわないか?などイメージが湧かない方も多いと思います。そこで今回、簡単に三和建設の多層空間®住宅についてお話をさせて頂きます。まず、高さについてです。これは、通常の2階建ての高さとほぼ変わりません。よく、敷地に高低差がある時に使うと書いてある記事がありますが、私達の多層空間®は普通の敷地でも十分に威力を発揮します。下の図をご覧ください。下手な図面ですが、これは断面の為、リビングや個室など天井の高さは通常通りです。

そんな馬鹿な・・・と思われるでしょう。そこに秘密があるのです。階段がキーワードです。

三和建設 多層空間® モデルハウスZONE 7層住宅

 

 

弊社のモデルハウスZONEは7つの層に分かれた7層住宅になります。屋上やリビングの吹き抜け、収納の多さ、参考に

して頂きたい要素が盛り沢山のモデルハウスになっております。百聞は一見に如かずです。

 

 

三和建設 多層空間® 清水区月見町モデルハウス 収納

 

モデルハウス外観。門型フレームを使った大開口で車がゆったりと駐車できます。一番上は広々とした屋上が広がっていて、プールやバーベキュウなど楽しめます。

 

三和建設 月見町モデルハウス 

 

 

場所は静岡市清水区月見町21-30 清水区月見公園すぐそば

http://www.sanwagr.co.jp/

 

保存

健康診断

今日健康診断を受けました。私達三和建設では、社員は毎年必ず健康診断を受け、体を健康でいてもらうようにしています。昨年頸動脈検査でプラークが見つかった私は、毎日ネイチャーメイドのスーパーフィッシュオイルEPA,DHAを飲み続けました。(たけしの家庭の医学を見て)結果、今年は見つかりませんでした。良かった!!驚いたのは心電図の検査です。いつもはすごい時間がかかる感じがしたのに器具をつけて、あっという間に終わりました。

 

 

健康診断 三和建設 ネイチャーメイド スーパーフィッシュ EPA

 

 

最後に、苦手の胃カメラも最初は嗚咽でゲロゲロしましたが、たまたまいつも行く内科の先生だったので、すぐに治まり何とか終了しました。十二指腸に炎症ありと結果は▲でしたけど・・・

鼻からやる場合と口からやる場合とどっちがいいかと思うと、鼻の方が楽だけど、口の方が早く終わるような気がしてどうせなら早い方がいいかと思いました。

(因みに昨年は口、今年は鼻でした。)胃カメラ検査のコツは、つばを飲み込まないこと。飲み込もうとするとオエオエなります。ヨダレをだらだら流しながら検査に挑みましょう。

 

胃カメラ 健康診断 

 

 

終わった後は、一時間ぐらいご飯を食べたりできません。喉に麻酔をしているので、誤飲をしたらいけないからです。終わったら何でも言える物ですね!!

 

 

コツ どや顔 三和建設 麻酔

 

 

 

 

保存

照明の色温度

今日は照明のお話を少ししたいと思います。
最近は省エネでみなさんご存知の通りLEDが主流になっています。

今回のテーマは色温度。
色温度ってご存知でしょうか??
簡単に言うと、照明の色味の値のことです。
照明器具 LED 色味

 

一般的に多い色味が、電球色=黄色い色味/昼白色=青白い色味の2つのイメージでしたが、
最近は新しく電球色と昼白色の色味の中間の「温白色」という色味が登場し、
採用が増えてきているのではないかと思います。

電球色というと・・・
雰囲気が良くご飯が美味しく見え、くつろぎのイメージだけど、少し暗めの印象になりそうで気になる。。。
昼白色というと・・・
文字が見やすかったり作業はしやすく、子供部屋に採用したい!けど、雰囲気の良さにかける気がする。。。

などなど!みなさん様々な想いがあると思いますが、
そんな時は温白色です!!!
見事にそのご要望の間を取ったような、照明の色味です(^○^)/

 

電球色 昼白色 温白色

 

 

服屋さんでお洋服を買う時はイケてたのに、帰って着て見たら、、、
あれ?イメージと違う?礼服を持ってきたはずが開けてみたら紺色だったとか・・・
目の錯覚?違います。
これは照明の色味にも原因があるんです!

温白色は、お顔のお色やお化粧のノリ、お洋服の色味などを1番自然に見せてくれる色味と言われています。
クローゼットや洗面所にはもちろんオススメですし、リビングでの採用も最近多いみたいですよ!!

お近くのショールームでも体感出来る所がありますので、ぜひぜひ色味での物の見え方の違いを感じていただき、自分に合った明かりの中で快適に暮らせるよう、照明選びを行なっていただきたいと思います!!

 

ショウルーム 電気 体験

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

 

 

 

 

保存

保存

ロリエたこまん

この連休中に、清水区の大坪町(もとリフォームのナカヤマの後地)に浜松では有名なあのたこまんがロリエの名前を次いでオープンしました。前日まで工事が終わったいなかったので、チラシをまく範囲を急遽変更し小範囲で撒いたとの事でしたが、大賑わいでした。浜松では、あまから団子という名前のみたらし団子が、駿河団子という名前で売っていたり、ロリエの名物である、アマンド娘などそのまま売っていたり、さすが超有名経営者の平松社長の会社だと感じました。

あまからだんご  アマンド娘

 

 

 

平松社長の父親は、子どもの頃に友人の家で食べた酢だこの美味しさが忘れられず、「こんな美味しいお菓子を沢山の人に食べて貰いたい」という想いから、「たこを満たす」という意味の「たこ満」という会社を作り、菓子作りを始めました。父親の菓子作りに対しての真摯な姿勢は、子どもであった平松社長の心にも届きました。父親は、おまんじゅう(お菓子)を作る事は、みんなに幸せをあげることが出来る素晴らしい仕事であると心から思っていたといいます。

 

ロリエたこまん 平松社長 

 

 

創業者の父から受け継いだ「感謝と思いやりの心」を現在もなお持ち続けて、設立当初から地域のお客様に育てられてきたため、いかに恩返しをするかということを従業員全員が常に考え実行しています。

また、人材育成に力を入れていて、もちろん、業績は重要ですが、業績を作るのは従業員である以上、人の成長には積極的に関わっています。従業員は家族の一員であり、会社で働くことを通じて、自身の使命や志を発見し、自分を活かした生き方をして欲しいと考えていらっしゃいます。私ども三和建設も、会社として見習う所が多い会社様です。

人材育成 感謝 思いやり  素晴らしい仕事

 

 

保存

保存

保存

新築の間取り

2017.11.2家のこと

私達清水区三和建設は、新築の間取りで高い評価を頂いております。何が違うのか?安売りの同じ間取りで、アパートのような住宅が沢山ある中、多層空間をふんだんに取り入れる事で、おしゃれな家になるのです。梁の大きさや、掛け方など木造住宅のプロでなければそんなに簡単に作ることは出来ません。ただ、段を作っただけなら、逆に住みにくくなってしまう可能性もあるので、設計士も一件一件考えながらプランニングをしています。

 

 

清水区三和建設 多層空間 家間取り おしゃれな家 新築間取り

 

例えば、キッチンで食事の準備をしているお母さんの目線に合わせたフロアを作る事で、会話をしながら勉強をみてあげる事も出来る対面式の空間であったり、お客様が急に来た時に片付けが一気にできる為の物入れとしての収納空間、であったりと多層空間®のスペシャリストの私共三和建設は色々な使い方をご提案させて頂きます。

 

 

多層空間 収納 間取り後悔 

間取で後悔しないために、私ども三和建設のプレゼンハウス®をご覧頂ければと思います。他社にはない発想が盛りだくさんです。このプレゼンハウス®は常に5棟は建っておりますので、ナチュラル、モダン、ヴィンテージなどいつでもご案内させて頂きます。一番の多層空間は7層のモデルハウスが御座いますので、多層にご興味のある方はモデルハウスへ!!

 

 

多層空間® ヴィンテージ プレゼンハウス®

http://www.sanwagr.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

保存

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ