トップページ > 三和建設ブログ > 睡眠は脳をきれいにする 体の修復・再生にも必須
日々通信

睡眠は脳をきれいにする 体の修復・再生にも必須

昨日、家庭の医学というテレビ番組を見ていましたが、医学の進歩は驚くほど進み、健康でいる事のありがたみや、大切に体をすることへの心がけの必要性を感じました。そんな中でも、自分で日々出来る事はやっていく必要があると思います。下記の記事は当たり前の事ですが、寝る事の重要性が分かります。

睡眠は脳をきれいにする 体の修復

毎朝眠りから目覚めたとき、スッキリした気分を味わっていますか。熟睡後のこの感覚がなぜ起こるのかを解明した研究が2年前、世界的権威のある学術誌『サイエンス』に発表されました。それによると、睡眠中は脳細胞の間隔がわずかに拡張し、起きている間に処理できなかった脳内の老廃物の排泄をスムーズに行えるようにしているとのこと。つまり、睡眠は脳をきれいにするという大切な働きをしているわけです。

しかし、一方で高齢になるに従い睡眠障害(不眠症)に悩む人も多くなり、そのつらさは老廃物が処理できないことから生じるとも考えられます。そして老廃物の排泄が滞ってしまうと、アルツハイマー病の原因ともいわれるアミロイドタンパク質が脳細胞に蓄積してしまいます。睡眠は、そうした難治性脳神経疾患の予防のためにも有効なのです。
睡眠の効用は、脳細胞のクリーニングだけではありません。深い眠りのノンレム睡眠中にしか分泌しない成長ホルモンは、体の修復・再生をする働きを担っており、成人以降の大人にとっては必要不可欠なものです。日中に紫外線を浴びてダメージを受けた皮膚のメンテナンスをしたり、フル回転した脳や体の疲れをとったり、お酒を飲んで代謝に使われた肝細胞を再生したり……。また成長ホルモンには、筋肉や骨をつくり脂肪を減少させる働きがあるため、睡眠不足などで成長ホルモンの分泌量が減ると、太りやすい体質になります。
では、良質な睡眠を維持するためにはどうしたらいいのでしょうか。
昼間に適度な運動や日光浴をすることが有効なのは知られていますが、大量のアルコール摂取や就寝前に甘味を摂ることで、睡眠誘導ホルモンであるメラトニンの分泌を抑制してしまうことはあまり知られていません。また、テレビやパソコンなどの電子機器画面から出るブルーライトも、メラトニンの分泌を30%減少させます。就寝前1時間は部屋の明かりをできるだけ暗くして、ブルーライトの影響を受けない環境を整えるようにしましょう。

 

それでもうまく睡眠がとれないという方には、睡眠支援サプリメント「メラトニン」がおすすめ。メラトニンはもともと人間の脳内にある松果体《しょうかたい》という器官から分泌されるホルモンであり、これなしには睡眠が誘発されません。睡眠導入剤や安定剤など医薬品の利用も考えられますが、長期連用すると薬物依存体質になってしまう危険性があるだけでなく、免疫力の低下によるリスクもあります。極力避けるようにしたいものです。

 

 

三和建設のHPは↓まで

http://www.sanwagr.co.jp/

清水区の新築・注文住宅・土地:三和建設三和建設株式会社
〒424-0806 静岡市清水区辻4丁目10番9号
054-365-3838受付時間/平日9:00 - 18:00
お問い合わせ資料請求来場予約

ページの先頭へ